個人事業主でも作れるクレジットカードの作り方

現金が足りない時財布に入っていると安心なのがクレジットカードです。

カードを発行してくれるクレジット会社は沢山ありますのでどの会社のカードにしようか決めずらい人もいると思います。

万が一、迷われた時はクレジットカードを比較してみるのも一つの手です。

カードの判断をするにはネット経由から各クレジットカードを見比べたサイトなどが参考になるでしょう。

通常、クレジットカードには不正利用に対する保障制度があり悪意に有無にかかわらず、他人が拾得したまま利用することなどで名義人が受けた損害を発行会社が負担してくれます。

紛失、盗難にあったことを認識した場合は、直ちに警察に届け出るとともに大至急、発行元にも連絡して利用停止にします。

60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、61日以上前の事例に関しては適用されません。

番号や有効期限、名前を入力すればネット決済は完結しサインや指紋認証もありませんから簡単に悪用されてしまいますので要注意です。

事前対策としては、やたらとあちこちのサイトに番号を登録しないことやWEB明細にして頻繁に確認していれば、すぐに見つけることができます。

万が一の時手元にあると便利な物がキャッシュレスで買い物できる1枚です。

買い物の支払いを済ませることが出来る機能の他現金が引き出せる機能が付帯しているので現金が欲しいときに素速く対応できます。

作る方法は沢山ありますが、手っ取り早い作成方法はネットから申し込みをする事です。

インターネット回線からの申し込みは現在一番主流な方法です。

ネットを介さない方法は提供会社から送られてくる書類に必要事項を記載し再度郵送するという方法があります。

万が一の時に持っていると安心なクレジットカードは数多くのカード会社があるのでどこでカードを作ってよいか迷ってしまうという方が大半でしょう。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方はカードの年会費・金利に注目することです。

カードの年会費を支払いたくない場合は年会費は無料というクレジットカードを。

クレジットカードのキャッシングも利用したい人はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。

かなり多くの種類のクレジットカードが日常で利用されていますがオモテ面の右下に国際ブランドのロゴが印刷されているものばかり見かけます。

入手が困難なDinersClibもありますがVISAやMasterCard、JCBは一般人でも手軽に持つことができこれがあれば、海外旅行や出張でも多額の現金は不要なので安心です。

三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業でテレビCMのおかげで知名度は抜群だと思います。

MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。

JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。

現金が手元に少ないときに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

例えば、買い物に行って会計する時に持ち合わせの現金が少ないこともあると思います。

そんなピンチの時、こちらを使えば欲しい物を戻すことなく購入することが出来ます。

また、この1枚は支払に使う他海外でも利用できるキャッシング機能があるので緊急に現金が必要な時はこれを利用して提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。

クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常よりも手厚い待遇を受けることができます。

昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。

この会員が受けることのできる特典としては劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。

年会費がかからなくなるものもありますが、この場合、企業側が規定の利用条件を満たした一般会員のみを選出して勧誘するシステムなので、会員側からアクションを起こすことはできません。

更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドプレミアムでは年間100万円の決済で適用されます。

持っていると重宝するクレジットカード。

一般的にカードを使用するのは会計時ですがそれ以外にキャッシング機能がついています。

キャッシング機能とは?例を挙げれば、急遽現金が必要になった時などに提携ATMからクレジットカードを利用して現金を引き出す事が出来ます。

ただ、キャッシングを利用した場合、返済が必要です。

返済する時は利息も一緒に支払う必要があるのでカードを申し込む時は低利息の会社を選ぶと良いでしょう。

クレジットカードは、キャッシュレスでショッピングができるだけではなく、その他にもメリットが色々あります。

イオンやOMCなどの流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。

国際ブランドのAmericanExpress、DinersClubなどは、海外や国内のホテルやレストラン、ショッピングで優遇が受けられます。

発行元が運営する特典としてレクリエーション面では、ゴルフリゾート会員券の紹介や提携ゴルフ場、ゴルフ練習場、ゴルフスクールの割引価格での利用があります。

そのほかにも、ヘルス&ビューティ面での充実を図っているカードもあり温泉やスパ施設の利用サービスを行っているものもあります。

現在、電子マネーは種類が多くなってきており毎日の通勤で利用者が増えてきている「モバイルsuica」や「おサイフケータイ」もそれにあたります。

残金に応じて自動でチャージしてくれるシステムもあり、ショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。

支払の際に財布を開ける必要が無いので時間が無くて急いでいる時でも慌てなくて済みますね。

1ヶ月分がまとめて請求されるキャッシュ要らずのカードは累積金額が不安になりますが前払いで入金しているので気兼ねなく使うことができます。

その上、借り入れではないため信用審査が不要ですから専業主婦でも利用できるので便利ですね。

クレジットカードはキャッシュレスで支払ができるのでレジで現金を用意する必要がないため手軽に会計を済ませることができます。

利用による手数料で運営会社は利益を得ていますがこの料金は利用者と加盟店の両方から集金するシステムになっています。

営業の種類によって店舗が支払う加盟料には差があり回収リスクが高い業種は高く、薄利多売の商店などでは低く設定されています。

客側にも支払が発生するのは3回以上の分割払いからで毎月の決済日に金利と共に引き落とされます。

1回や2回の支払は販売側のメリットが大きいため加盟店だけが請求されますが店側が加盟料の支払を求めてきても応じてはいけません。

手持ちがさみしいときでも買い物が難なくできる1枚、その支払い方法は一括・分割・ボーナスなどから選ぶことが出来ます。

リボ払いは分割払いとは違い支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社へ返済します。

毎月の支払い額が決まっているので金銭管理をしやすく出来るのが特徴です。

ただ、この方法は手数料も上乗せされますので毎回支払い方法に選ぶ事は避けた方が良いでしょう。

あると重宝する物ですが、支払いは計画的に行いましょう。

プラチナやブラック、ゴールドカードでなくても海外や国内旅行保険が付帯しているものが多くあります。

死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していてグレードが高いほど補償される金額が多く心強いですね。

国内よりも海外旅行の方が限度額が大きいのが通常ですが、この原因は日本の医療保険制度が海外より充実しているためかもしれません。

ショッピング保険や携行品についての保険が付いていることも多く規定日数以内に申告しないと適用外になることがあります。

規定された条件が自動付帯か利用付帯かよって異なりますが使わなくても適用されるのが自動付帯、使わなければ適用されないのが利用付帯です。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので毎日工夫しながら節約する事は大事ですね。

日々の節約にお勧めなのが、現金が乏しいときでも買い物できる1枚です。

支払いの時に使うとポイントが付きます。

このポイントを利用すると色々な商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率的に加算させるにはポイントの還元が良いものを使ってすべての支払いに使用するのが良いでしょう。

キャッシュレスで食事やショッピングができるので簡単に会計が済ませられるカードがありますね。

利用金額によってポイントがもらえたりマイルが貯まるブランドもあります。

店員さんに手渡し出てきたレシートにサインするだけなので使い方は難しくありませんが、使用できるのは名義人に限られています。

支払手続きをした分の利用額は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

買い物のでの支払い回数の変更は買い物後でも変更ができます。

引用:個人事業主でも作れるアコムマスターカードとは?【審査でおすすめ!】