自営業住宅ローンの審査の証明とは?

一般的な住宅ローンで有れば、収入と勤務実績を元に支払い能力を審査し、ローン支払い能力が有るとわかれば住宅ローンが組める形です。それでも細かく勤務実績や他からの借り入れ等を調べられて、審査が通るには早くても1月ほどかかると思っていて下さい。普通の住宅ローンでもこれだけ審査に時間がかかりますが、自営業住宅ローンではもっと審査に時間がかかります。自営業の方の審査は、まず損益計算書と貸借対照表を調べられます。では個人の収入の審査として、収入証明書と所得証明書で支払い能力が有るか確認します。事業の審査は、黒字でないと安定していないと審査されますので、ローンが組めません。自営業住宅ローンでローンを組むには、事業が黒字で本人の収入も安定していないとローンが組めません。しかし事業が黒字で有って、収入もローン支払い能力が有ると審査されれば、自営業の方でも住宅ローンが組めるという事です。金利の低い今、住宅を購入するいい機会なので、住宅を購入なさりたい方は審査を申し込みましょう。

自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査通らない・審査落ちしたら?】