住宅ローンの審査基準について

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は現金調達の事でしょう。
多くの方は、銀行などから住宅ローン減税を申し込みすると思います。
ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。
期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険の申し込みも進められます。
これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時残りのローンが0円になる。
といった、家族にもメリットが高い保険です。
住宅ローンを長年組んでいると、まとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。
マイホームを持つ。
というのはあこがれるものですよね。
とはいえ、家は高額な買い物です。
以上の事から、支払をするにする。
という様子は誰でもできる事ではありません。
それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?簡単な方法としては銀行や信用金庫といったところでしょう。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、担当者に全て任せる。
という方法もあります。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

住宅ローン人物の審査基準は?年収・勤務先・信用!【重視されるのは?】